「選挙公報」が郵送されました No.166

窓を開ければ、やっとさわやかな風を感じる日もある4月。
それでも朝晩寒いと言えば寒く、暖房がいらなくなる日は来月あたり??
地元の方は梅雨の寒さで暖房継続、時に朝に暖房し日中冷房することもあるというのは、「やませ(夏にこの地方に吹く冷涼な風)」のせいかもしれません。

午後の郵便物(A4封筒)は「家賃12か月分の納入書」と「選挙公報」でした。
家賃は銀行引き落としではなく、ポイントの貯まる方法で納める方向でいます。

選挙公報」が郵送されたのは初めてなので、まずは中身を・・・・・。
首長さんは無競争だったようなので今回は議員さんのみです。
それでも、首長さんのポスターはしっかり掲示板に貼ってあるので、なんかもったいない気がして、(無競争の場合)貼らなくていい、もっと言えばポスターを作らなくてもいい、各種レンタル品や選挙事務所がない方は借りなくてもいい等、選挙準備をしなくてもいい方法はないのかな、なんて・・・(話は違いますが県議会選挙費用が4千万円だったかかかると聞き・・)。

選挙管理委員会からの手紙(A4)まで入っていてすごいなぁ~。
選挙公報」は大きなB2サイズで立派~(良質の紙を使っています)。

両面に26名の名前が載っています。
そういえば定員は何人なのだろう??と思い調べてみたけど市のホームページでは見つけられず・・(どこどこ??)
そこで、平成30年の結果を見ると名前がだぁ~っと載っていました。
上から数えると24名(3名は涙)。
なんと三桁(1000名未満)の得票でも当選!!

2月に大台(6万人)を切った人口に対して適正な人数なのか、他の自治体と比較するとどうなのか知識はありませんが、毎年1000人以上減っているのでイメージ的には多い気がしてしまいます。
どうやら定員削減を叫ぶ議員さんがいても変わっていないようなので、今回も定員24名に対して立候補者は26名。
うち女性は一人・・・・・。

立候補者にも、関係者にも知り合いはいないので、「選挙公報」の中身を見て決めよう!
同じ苗字が複数ある・・・。
三浦さん2名、村上さん3名、小野寺さん2名、菅原さん3名、佐藤さん2名、熊谷さん3名で26名中15名を占めます。
40代は少なく50代~60代が多い感じ。
QRコードを載せているのはやはり・・・(40代・この方はなぜかはがきをくれて「有志候補者による政策討論会」をライブ配信するみたいなのでいいことです)。
共感した方3名のうち1名は前回トップ当選なので残り2名のどちらかに・・。

市のホームページでも候補者の名前は見れるので、同時に「選挙公報」も載せるのはどうでしょう??
いっそのこと、ある程度の年齢になったら、国がタブレット端末を国民一人一人に配布して、各種連絡はそれで済ますなんていうのはどうなんでしょう???
もちろん課題はありそうですが、毎月ポスト投函される「分厚く重い・各種広報誌」を見るにつけ、将来的にはそちらの方向に行くのでは、と思っています。

昨夜のユーチューブで行われた「有志候補者による政策討論会」。
隣県の若手の市会議員さん司会で4名(地元出身3・地元外1)の若手の方が40分の間に3つの話題をそれぞれ述べる内容でした。
視聴者は当初25名で、開始25分で35名、その後25名に戻っていました。
「高評価」は4。
どちらとも少ないと思ったのは自分だけでしょうか・・。
生活が落ち着いたら、何かの形で関われたらいいなと思っています。
今日も県境のこの地まで、たまに選挙カーがやってきます。
ワンボックスカーや軽自動車でも・・・(アップダウン激しいリアス式海岸、さすがに自転車はありません)。