三陸の海 旅 つれづれなるまま

北の暮しと旅の話しを少し

作業ついでに 配達 旅 宮崎県延岡市 No.136


(★地図をご参照ください)

ヤフオクヤフーオークション)で落札された大型品の配達は年何回かに及びました。
東北・関東中心にお届けする中、4年前の1月、委託品を乗せ宮崎県延岡市までトラックを走らせるご縁がありました。
落札品は縦横高さが4mを超える大型電動品です。 
「安い運賃がないので”東北・関東限定”でお届けします」と記載して出品しましたが読まれないこと多く、東北・関東以外までの配達料はいくら?とあちこちから聞かれたり・・・慣れっこです。
相場より安い価格で出品したのでほどなくして落札されましたが、落札者様は宮崎県!
そこで調べたら、九州までの送料は8万円超え・・・困ったぞ~(このままでは簡単にキャンセルされる)。
幸い同時期、大分県での作業が決まり、なんとかついでにお届けしてしまおう・・・(東京までの送料で)。

関西までに近道は山形→新潟→金沢の日本海ルートです。
ところが日本海を走る国道8号線は冬の降雪でこの時期はアウト(道路は空いているけど残念!)。
国道4号線中通り)の冬は雪もあり、6号線(浜通り)で都心を抜けて国道1号線をひたすら西に・・。
静岡県では自治体ごとのバイパスが整備されている(ことが多い)ので街中を通らずに済むのは助かりました。
愛知県で国道23号線三重県で歴史ある名阪国道は高速道路みたい。
奈良県京都府経由で大阪府へ。
国道2号線も(名ばかりバイパスではない)〇〇バイパスが兵庫県岡山県広島県山口県にありスムーズに走れるのがすごいなと。
のどかな風景が増える中、これまた歴史ある関門トンネルを抜ければ九州に着いた感動がありました。

国道3号線から10号線へ。
”再び”はないだろうと山の道を経由したり、高速道路(東九州自動車道)の無料区間大分県佐伯市~宮崎県延岡市)は空いていて景色を見ながら余裕で走ることができました。
道中、道の駅や産直(★無人スタンドも楽しみ~)で休憩や仮眠を取り、1600㎞、3泊4日で無事到着。
落札者の元社員さんから「企業(旭化成)城下町延岡」の話をたっぷり伺いました。

・食事は道路沿いに「スーパーマーケット」が複数あり、ほとんど困ることはありませんでした。
低所得者ゆえ)遠出する際は調理器具持参で現地の食材を使った自炊が基本です。
・都市部を中心にコンビニや24時間営業施設があり、本当に便利な国です。
・お風呂は「日帰り温泉」や「銭湯」を事前に調べていたのでOK。
・給油は「価格差」に驚きますが、「都市部での調達」が基本です。
一度なかなかガソリンスタンドがなくて、山の中にスタンドを見つけなんとかガス欠を回避しましたがリッターあたり18円多く払うことに・・。
道を間違えた?時はすぐにスマホで確認すればOK。

トラックは今、店の「原状復帰作業」を手伝ってくれた大工さんの元へ。
懐かしい思い出になりました。