三陸の海 旅 つれづれなるまま

北の暮しと旅の話しを少し

100.大分作業旅6 宝物

2018年2月、引越しの不用品整理依頼で北の地から大分県大分市まで(宮崎県延岡市までの配達付)トラックで下の道を往復3500km、帰りは道中あちこちに寄り・・

毎日のように出た不要品/不用品を分別、近くの処理場を探しあちこちに持ち込むこと2週間。
市の処分場とリサイクル品目引き取り所を除けば、お金がかからないか、問屋さんで買い取ってもらうこと数度。
やっと作業も一区切り(★作業完了)。
あとで出たごみは依頼主が袋に入れてごみの日に出すまで来ました。

毎日歩いて通った「マックスバリュー」もお土産を買ったらお別れです。
娘さんのいる三重県まで無料でお届けする家具家電、衣装ケースなどを積んで、依頼主さんともお別れです。

大分市内を抜けて、2車線の国道10号線を快調に走るトラックの右手から三度別府湾が見えれば、そこはもう「温泉天国」。
f:id:koppasan:20220217085837j:plain
「浜脇温泉(100円)」に寄ったら、番台のお姉さんが「地図」をくれました。
f:id:koppasan:20220217085503j:plain
平地のように見えますが、山に向かって市街地が広がっています。
f:id:koppasan:20220217085549j:plain
赤は市営、青はどなたでも入れる温泉が4分の3、緑は地区の住民(組合員)専用のようです。
f:id:koppasan:20220217085710j:plain
温泉好きの自分にとっては、数えきれないほどある温泉地。
まるでそこは「聖地」のよう・・。
f:id:koppasan:20220217085758j:plain
(6時半から25時営業ってすごい!)

行き帰りで計4か所、寄った場所はいずれも昼間なのにたくさんの人でにぎわっていました。
 つづく