YH ユースホステル 昭和宿の今 浜坂 兵庫 三刀屋 島根  No.257

昭和40・50年代、旅する若者の間に君臨した宿、「ユースホステル」。
1泊2食付2000円台まで(一時期)でしたが時代が変わり下火になり・・・。
当時利用した宿のその後をたどってみると・・・。

 

今から43年前、昭和54(1979)年12月~1月 冬休み 山陰周遊券20日間有効)を利用(17泊18日)

当時、周遊券は「周遊区間までの往復は普通(快速)列車が、周遊区間内は普通・急行列車自由席乗り放題」でした。

 

浜坂ユースホステル兵庫県 美方郡温泉津町) 廃業

山陰本線 浜坂(あるいは諸寄)駅下車 徒歩20~25分(乗降客数448人/日 2019年)

 

 

日本ユースホステル協会直営、有名処でした。

元旦の宿泊者は35名。

小さな「旅行(予定)帳」には、午前餘部・あまるべの宿から列車に乗り、兵庫県内、丹後・舞鶴あたりで何本も乗り換え、山陰本線の「普通夜行列車・山陰」で島根県松江下車・・・なんて書いてありましたが、実際は鳥取に行き「砂丘」を見て浜坂まで戻っていました。

夜時間をかけて「時刻表をさんざんめくって決めた予定」はずいぶん変わりましたが、きっと「時刻表をめくり予定を決める」作業が楽しかったのだと思います。

 

場所がら、「カニ」を中心とした海産物が有名ですが、元旦なこともあったのか、「旅行(予定)帳」には「食事・カニ」との記載が・・・(ラッキーでした)。

それで宿泊代金は1950円。

 

人気のあった施設も2008年休館後そのまま協会のサイトから削除され、廃墟となっている模様。

 

ユースホステル三刀屋峯寺(島根県 雲南市・旧三刀屋町) 廃業

木次/きすき線 木次駅下車 バスで(乗降客数256/日 2019年)

 

 

5町が合併して雲南市になる前、木次/きすき線木次駅で下車しバスでお寺さん(ユースホステルまで。

1月4日のホステラー(泊り客)は9人。

木の風呂(四角)に感激し、夕食のカレーがうまかった記憶いまでも。

アレント(管理者)さんとも仲良くなり、いい朝食付きで当時は2250円でした。

翌日の帰り道。

ヒッチハイク」をしようと行先を書いた紙を道路沿いで掲げていたら、停まった車に「反対だよ~!」。

 

あれから43年、方向は今も音痴です。

 

訪れた宿の数「46」のうち

廃業した数41
今も営業中5(うち休館中2)