三陸の海 旅 つれづれなるまま

北の暮しと旅の話しを少し

島の運動会は大漁旗と鯉のぼり No.197

先週末、小学校の運動会があり、写真館さんからの依頼で全校生徒の写真撮影をしてきました。
橋がかかった島の小学校は、3月の卒業式で初めて訪れた、全校生徒54名の小さな学校です。

同じ沿岸部の石巻市から転任してきた校長先生いわく「この時期2週続けて週末天気に恵まれることはなく(毎年天気で気をもむ)、今日は天気に恵まれてよかったよかった」。
こちらも雨(上がり)でぬかるんだ校庭に臨むのはできるだけ避けたい(当日の朝5時半まで未定で、延期になあれ~)という思い。
卒業式で定年退職した校長先生も顔を見せていました。

(写真はすべてスマホ・おおざっぱです)

沿岸部に来て、小学校の運動会で始めて見た「大漁旗」。
その数と勇壮さと想い。
島の小学校は正面と左右に50(期枚)はあったと思います。
これに、南北をつらぬく「鯉のぼり」が加わって・・・・・。

地元のケーブルテレビと新聞社さんと三つどもえで撮影が開始されました。

13のプログラムでは3月18日に統合により閉校し街中に通う中学生や未就学児も参加。
来年入学予定の未就学児は3人だとか(う~ん少ない・・)。

ソーラン踊りやリレー・綱引きと3時間盛り上がった運動会は、晴天の汗拭き拭き(それでもマスクは外せない)から涼しい浜風に代わり終了~。

お昼時、島の新しい観光施設「ウエルカムターミナル」は週末の観光客で9割がた埋まっていました。

飲食店少ない島にある唯一の施設は平日の静けさから一転、「〇〇〇(食べ物)でお待ちの〇〇番のお客様~」の声が響いていました。