三陸の海 旅 つれづれなるまま

北の暮しと旅の話しを少し

北から福井・大阪へ 1 配達 旅 No.139

6年前の7月、ヤフオクヤフーオークション)で落札された大型品。

大手運送会社から断られたものは「仏壇(未使用品)」でした。

産廃屋さんなら有料で引き取り廃棄処分されていたかもしれない品も、リサイクル屋が引き取ればそれは「買取」よくて無料引き取りを意味します。

(一部処分料をもらい引き取る店があるかもしれません)

運送会社は「重い」「大型」なので破損する可能性があり、その際の補償が高いため「お断り」するのかもしれません。

場所は大阪です。

「配達は関東まで・チャーター便」と商品名に続けて書いても、地元での需要ほぼなく関東以西で落札されることほとんどで、今回もかぁ・・・。

関東までの運送会社の運賃なら、なんとかチャーター便で下の道を走ればお届けできるレベルの作業、そんな内容です。

関東以西は配達料を設定してもお互いに合わないことがほとんどでした。

再出品は落札されるまで手間がかかるし、こちらが事前設定した運送会社より安い運賃を落札してから「高い」と「非常に悪い評価」を受けることもあるし、まあ、そんなものです。

今回もどうしようか(大阪までの配達料では、またまたキャンセルされる~)???と悩んだのですが、そこへ追加で落札品がありました。

品物は「6人掛けダイニングセット」大きなテーブルとイス6脚です。

その方は出品県出身・福井県在住の方だったのですが、いったん出品県の実家に配達してもらい、そこから福井県まで配達を手配するというのです。

合計の配達料はいくらかかるの??(10万円越え??安く落札した意味がまったくありません)という世界を心配し、こちらも大阪までの配達途中でお届けできるので、「東京までの配達料✖2=大阪までの配達料」をもらい2か所に配達することになりました。

配達当日は幸いいい天気。

山形から新潟までは自然豊かで温泉も点在する道が続いています。

平日の道の駅や産直は空いていて、トイレ休憩と食材探しができます。

新潟からは日本海を右手に見ながら国道7・8号線をひたすら南下すればいいので、道を間違えることもなく楽ちん楽ちん~。

新潟バイパスはとても立派で、年中渋滞で実質4㎞もないバイパスを日ごろ利用する身にとってはすこぶる走りやすくうらやましい~!

車窓から見る日本海に沈む夕日は最高です。

海岸にたたずむ小さな集落。

強風が大火を引き起こす海沿いの平地の街を通過し、ひらすら日本海を見ながら海岸沿いを走ることができるいい道です。

歴史上の拠点、城跡など見たいところは数々あれどまた今度・・・。

県境が近づけば海の背後に山が迫り、厳しい地形。

上の方を走る北陸自動車道ならいくつものトンネルが続くまっすぐな区間も、国道なら時刻表の表紙を飾るような風光めいびな下の道。

親不知(おやしらず)はここだったのかぁ、と昭和の交通公社(現JTB)の時刻表(表紙)「を思い出し・・・。

県境を越えて富山県に入れば風景はかなり変わります。

 つづく