三陸の海 旅 つれづれなるまま

北の暮しと旅の話しを少し

104.大分作業旅9 山口県下関市 産直あさりラーメン

2018年2月、引越しの不用品整理依頼で北の地から大分県大分市まで(宮崎県延岡市までの配達付)トラックで下の道を往復3500km、帰りは道中あちこちに寄り・・

倉庫を使った産直「松屋なんでも市場(山口県下関市松屋本町)」で、ビニール袋に入ったあさりを見つけ、これは珍しいとゲット。
遠浅に見えた瀬戸内海で採れるのかな??
さてどんな食べ方をしようかと思いましたが、手元にあるラーメンに入れて塩ラーメンでおいしくいただきました。
f:id:koppasan:20220220120555j:plain
途中行きに間違えて大きく遠回りした国道2号線インターチェンジはここだったかと振り返り、2号線を離れ事前に調べていた山口市の「宮野温泉 山口ふれあい館」へちょっと寄り道・・。
農村風景立地の100円温泉は大人気!!たくさんの人でにぎわっていました。
風呂上りに将棋を指す人もいて・・。
歴史上の有名人物を多数輩出しているだけあって、立派な眉毛をはやした紳士が複数浴槽につかっている間にお邪魔する奥州人・・。

幸せなひと時のあとは、せっかくなのでなるべく山沿いの交通量の少なそうな道を進み、岩国市の錦帯橋がある河原に着くころはもう夕刻(橋を下から眺めるだけ・・)。
その日のうちに広島県入りし宮島が見える公園で車中泊(★奥が宮島)。
f:id:koppasan:20220220120501j:plain
ひょうたん型のような、おもったより長い島と本州の間を行き交う船のエンジン音を聞きながらその日は過ぎていきました。
明日は、結婚式以来24年振りに同級生に会う予定があり楽しみ・・・。

 つづく