三陸の海 旅 つれづれなるまま

北の暮しと旅の話しを少し

92.大分作業旅1 北の地から九州へ

ちょうど3年前の今頃、御縁あって大分市大分県)で不用品整理の作業をする機会に恵まれました。
ついでに、オークションで落札された委託品のモーターパラグライダー(委託料15%)を、隣県の延岡市(宮崎県)まで届けることに、、、。
北の地から高速道路代をもらわずに、下の道をひたすら走る、その距離約1600キロ超。
「上の道」なら一日(高速代+ガソリン代で往復10万円超)で行くところ「下の道」で3泊4日(ガソリン代のみ3万円#当時110円/L の軽油)。
一日なんぼの作業代(車両・ガソリン代込)のみの請負で、発生する処分料は実費のみです。
「安い商売」をしてやっと仕事できた、末期の頃の話です。

3連続車中泊は埼玉・三重・広島で、バイパス多い国道を4号線⇒1⇒25⇒名阪国道⇒(省略)大阪⇒2⇒3⇒10号線という感じでした。
近道の山形⇒新潟からの8号線は(日本海経由)はこの時期降雪で✖。
一日平均400キロ(最高550キロ)は、早朝から日中~夜まで走るとかなりきつい距離で、朝晩の通勤渋滞も含まれます。
おかげさまで、各地の道路事情が少しはわかったかもしれません(運転マナーも)。

無事に「企業城下町延岡」の元旭化成にいた方にモーターパラグライダーを届け4泊目は延岡で、大分市に着いたのは5日目午前でした。
途中、ありがたく山側の別府温泉(★八十八湯と言われる中のひとつ)に初めて入り(230円)平日の混み具合(人気)に驚き・・。

広島出身の元「お好み焼き屋さん」2人が引っ越す前の店舗兼住宅が現場です。
分別して出た(粗大)ごみは事前に調べていた処分場に依頼主同乗で搬入すれば、今まで経験したことのない低料金!!!(写真)
驚きの金額でした。

f:id:koppasan:20220209144820j:plain
(110㎏ 420円・10㎏あたり40円もしません)

大きな清掃センター内はがらがらで待ち時間なし。
しかも、ごっつい大きさの金属はよけてありましたが、燃える燃えない関係なく(★ガラスまで)停めたトラックの後ろ側にある穴に放り込むことができ、あっという間に終了~(楽ちんらくちん)。

この(搬入)作業を毎日(時に複数回)繰り返すことができたので、激安な実費で済ませることができました(★すでに産業廃棄物はなく、業務用品は資源問屋さんへ持ち込み換金か無料処分しました)

2月の九州。 肌寒い朝も日中ぐんぐん暖かくなるその違い・・。
朝晩テレビの天気予報(全国)を見れば、北の地とは天と地ほどの差(★気温)。
軽く10度以上違う・・・。
今この暖かさに感謝して、作業を進めました。

 つづく